悪趣味の美学

“悪趣味”と“趣味が悪い”は全く違うっつー持論が成立ー。悪趣味は悪趣味なりの美学があるのです
昼休みに悪趣味な相方A氏と腐った友人E氏と昨日テレビでやってたのストーカー事件の話から盛り上がり、バイオレンスな話題に。まぁ至った経緯も経緯で…。愛故に殺すかそこまで行ってはいけないかっつー…我ながら痛い②ちなみに前者がうち(爆)

で、悪趣味なりの美学ってのは…―

[良い例]
・両手首を縛り、上から吊るす。(全裸NG)
・磔。(全裸NG)
・首絞めて窒息寸前で話し、涙目&反抗的な目でむせてるところを愛でる。
・殴るときは自分から屈まない。
・いずれも愛を込めて(笑)

[悪い例]
・ブ●の丸焼き状態。
・女である(でもハスキーならOK)

などなど。これ以上はキツいのでほんの一例Death。A氏ー、確かこんなカンジでしたよね?(聞くなよ)

つまり、歪んだ愛情を美しく昇華させる手段=悪趣味ってのが最終結論。


あ、保身のために言っときますけど当人実際こんなことしようなんて気一切無いですからね?血見ただけでも結構キツい人間ですから。実際する根性も度胸もありませーん。常識人ですし(本当に!)あくまでも妄想の範囲内で。
[PR]
by T.Tsuduku | 2005-10-04 13:11 | 取り扱い注意