第28話 散る命、残る命

久々の種デス感想です。

あぁ~…誰か逝くとは思ってた。アウル辺りがと思ったら案の定逝ってしまわれましたね。好きだったのにな…森田君(そこ?)
ハイネが逝ってしまったときと同じように根本的な原因はキラ氏のように思えてしょうがないんですが。キラ氏とその他多数が介入しなければシンが種割れしてアウルに勢いで飛びかかることも無かったような気がするんですよ。これが原因でステラ狂っちゃうのかなぁ??ステラがあの研究所に単独で飛び込んで行ったのもアウルのためだったわけだし。
あとは久々にアスキラ復活。痴話喧嘩が始まったかと思えば旦那をぶった切るという嫁の本領発揮といったところか。アスラン腕落ちたなぁー…キラ君なんか夕日見てのほほんとして戦闘なんかとはかけ離れてた生活送ってたのにあの実力の差は何なんでしょう??最高のコーディネイターだからかしら?
まぁアスランの言うこともわかる。キラ君の行動の意図もわかる。それぞれの信念・思い・理想の全てが混ざって今の戦闘があるんだから。どこかで誰かが折れなきゃこの戦闘は終わらないけどそう簡単に折れるようなモノだったら戦争はしない。そりゃ誰もが戦争はしたくないだろう。中には戦うことが目的という酔狂なヤツがいるだろうがそんなヤツは一握りでほとんどがしたくないはず。でもオーブのあの兵士のように命令が道から外れていようと上から命じられたら実行するのが責務だと自分に嘘をついて戦闘をする。その命令をしたユウナだって地球連合軍にいいところを自国の立場維持すべく見せ付けなきゃいけなくてカガリを敵だと言ってまでも軍を動かした。それが今の彼らを動かしている義務。だから信念・思い・理想<義務なんじゃないかしら。

あとはー…ブリッジの前に現れたムラサメを撃ったフリーダムが前作と被せすぎ。もっと他に演出があるだろうに。前作に固執しすぎじゃん??

そして最も亡くして惜しかった人…トダカ一佐。彼ほど人間味あふれて軍の中でも常に冷静さを欠かない彼がついに逝かれてしまいました。それもシンの手で。お互いに誰かはわかっていなかっただろうにこの展開はなぁ…。最後のシンの叫ぶカットも痛々しかった。


っていうか登場人物のポジションとか展開がSEED+Zガンダムっぽいって!!前から思ってたんです。

シン=カミーユ
ステラ=フォウ+ディアッカ
キラ=アムロ
アスラン=シャア
スティング=イザーク
アウル=ニコル

どうでしょう??共感が得られた人がいたら嬉しいんですが…。
OPのでかいガンダムとデスティニーガンダムとのカットがZガンダムとサイコガンダムと被るって。
三人組の一人は捕らえられ、一人は残り、一人は主人公の手によって戦死。キラはヤキンドゥーエの英雄の一人、アスランは前作の綺麗どころ(爆)以上の点その他も含め似てるなぁと。無理ある??(笑)
[PR]
by T.Tsuduku | 2005-04-30 19:25 | アニメ&ドラマ